PR

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間5月9日,企業向けの新しい5種類のノート・パソコンを含め,モバイル・コンピューティングを促進する製品とサービスを発表した。

 同日発表された超小型ノート・パソコン「HP Compaq nc2400」は,米メディアの報道(InfoWorld.com)によると厚さ2.5センチで重さ1.35キログラム。フルサイズのキーボードと光ディスク・ドライブを搭載する。Intel社のデュアルコアCPU「Core Duo」を搭載するノート・パソコン「nc6400」は,EV-DOとHSDPAの2種類の第3世代技術に対応するモジュールを装備可能。nc2400とnc6400の価格は,それぞれ1599ドルと1549ドルから。5月中旬にリリースされる予定。

 また,Core Duo搭載で15.4インチのワイドスクリーンを持つ「nx7400」とカナダのATI Technologies社のグラフィック技術と映り込み防止処理を施したスクリーンを搭載する「8400」も発表。両モデルは5月中旬にリリースを予定している。価格はそれぞれ749ドルと1599ドルから。Core Duo搭載のタブレットPC「HP Compaq 4400」は6月初旬にリリースされる。価格は1649ドル。

 消費者向けノート・パソコンでは,エンタテイメントに適した機能を搭載する「HP Pavilion dv2000」と「Compaq Presario V3000」を発表。dv2000は,Core Duoプロセサと米AMDの新しいモバイル向けプロセサ「Turion X2」に対応する。

 このほかにも,モバイル・デジタル・プロジェクタ「HP mp3320」,アジア太平洋市場向けハンドヘルド端末「HP iPAQ rw6800 Multimedia Messenger」,モバイル・プリンタ向けバッテリ充電器なども発表している。また,モバイルとネットワーク・サービス・プロバイダ向けに,モバイル・コンテンツの配信環境を構築する高度なモバイル・ネットワーキング技術の開発を進めていることも明らかにしている。

 同社によれば,HP社のノートブック・パソコン事業は前年から54%成長しており,市場シェアも2.5%拡大している。同社では,ノート・パソコン,PDA,企業向けサービスを含む世界のモバイル市場が2009年までに現在の42%増の2340億ドル規模を超えると予測している。

発表資料へ