PR

 米国のソフトウエア関連の業界団体Software & Information Industry Association(SIIA)は,インターネットのオークション・サイト「eBay」を通じて海賊版ソフトウエアを販売した人物を相手取り,少なくとも3件の訴訟を起こした。SIIAが米国時間5月16日に明らかにした。

 米カリフォルニア州中部地区連邦地裁で起こされた訴訟では,eBayを通じて2005年10~12月にかけて米Symantecと米McAfeeの海賊版ソフトウエアを販売した個人が被告となっている。SIIAによれば,Symantec社の「Norton SystemWorks 2005 Premier」「Norton Ghost 9.0」「Norton pcAnywhere 11.5」「Norton PartitionMagic 8.0」およびMcAfee社の「Virus Scan 9.0」が少なくとも異なる3人の個人によって販売された。複数の仮名が利用されていた可能性があるため,海賊行為を行なっていた人物の正確な人数は判明していないという。

 今回の提訴は,SIIAが海賊版ソフトウエア撲滅の一環として開始したプログラム「Auction Litigation Program」の第一弾となる。同プログラムは,インターネットのオークション・サイトを監視して海賊版ソフトウエアを出品している個人やグループを見つけ,会員企業に代わって摘発することを目的としている。

 SIIAのSoftware Anti-Piracy部門のKeith Kupferschmid氏は「海賊版ソフトウエアの販売,とくにオンラインのオークション・サイトを通じた販売は,企業と消費者の両方にとって大きな問題となっている。また,オンライン・オークションの信頼性も脅かしている」コメントしている。

 SIIAでは,今後も月ごとにこのような訴訟を起こす計画を明らかにしている。

発表資料(PDF形式)