PR

 米IBMは,OSのインストール作業を自動化する技術などを開発するスイスのRembo Technologyを買収することで最終的な合意に達した。同社が米国時間5月18日に発表した。手続きは2006年6月末までに完了する予定。買収金額は明らかにしていない。

 未公開企業のRembo社は,サーバー,デスクトップ,ノート・パソコンへのOSのインストールまたはアップグレードを自動化する技術を開発している。IT管理者がパソコンへのOSインストールと設定をダッシュボードから集中的に操作するため,数分で作業を完了できるという。

 また,同社は仮想環境において不特定多数のユーザーが利用するワークステーション向けセキュリティ技術も提供している。ユーザーがログオフするごとに,自動的にソフトウエアを再インストールすることにより,ハード・ドライブ上に残された個人データやウイルスに感染したファイルを消去して元の状態に戻すというもの。

 買収後,Rembo社の事業はTivoli部門に統合される。同社の技術は,IBM社の仮想化製品のソフトウエア,ハードウエア,サービスおよび「IBM Tivoli Provisioning Manager」「IBM Director」に組み込まれる。

 仮想化技術は,ソフトウエアのインストール作業を簡素化する手段として企業のIT部門において人気のある選択肢となっている。調査会社の米IDCでは,仮想化市場の規模は2009年に150億ドルを上回ると予測している。

発表資料へ