PR

 米Microsoftは米国時間5月22日に,次期Windows Server OS「Windows Server Longhorn」(開発コード名)用の仮想化技術およびシステム管理製品系列「Microsoft System Center」の仮想化サーバー管理製品の提供スケジュールと,アプリケーション仮想化技術の米Softricity買収計画を発表した。

 Windows Server Longhorn用の仮想化技術は「Windows hypervisor」と呼び,現在開発が予定通り進んでいるという。サーバー・ハードウエアのすぐ上の層で動くソフトウエア層を設け,仮想サーバー上で複数のOSを運用可能とする。「Virtual Server 2005」で構築した仮想マシンとの互換性を考慮しており,「Windows Server Longhornへの移行が容易に行える」(Microsoft社)。ベータ版を2006年末までに,製造段階(RTM)版をWindows Server LonghornのRTM版リリース後180日以内に利用可能とする予定。

 Microsoft社は仮想マシンで構築したデータセンターを集中管理するための製品として,「Microsoft System Center Virtual Machine Manager」(開発コード名は「Carmine」)を用意する。System Center製品系列の仮想マシン管理に特化した管理ソフトウエアであり,「物理サーバーの利用率向上,仮想マシン・インフラの集中管理,新規仮想マシンの設定迅速化を実現する」(同社)。ベータ版を90日以内に,RTM版を2007年後半に利用可能とする予定。

 またMicrosoft社は,アプリケーション仮想化/ストリーミング配信技術を手がけるSoftricity社を買収する。Softricity社の「SoftGrid Desktop Virtualization Platform」はWindows用アプリケーションをサーバー上でサービス化し,Windowsクライアントから利用できる状態にする。ただしMicrosoft社は,買収金額など詳しい取引条件については明らかにしていない。

[発表資料へ]