PR

 フィンランドNokiaは,スマートフォン・プラットフォーム「Series 60 Platform(S60)」用フル・ブラウザ「Web Browser for S60」のレンダリング・エンジン「S60 WebKit」について,ソースコードをオープンソースとして提供する。Nokia社が英国時間5月24日に明らかにしたもの。オープンソース・プロジェクトWebKit Open Source ProjectのWebサイトで,BSD Licenseを適用して公開する予定。

 S60 Webkitは,米Apple ComputerのWebブラウザ「Safari」の「WebCore」「JavaScriptCore」コンポーネントをベースとする。AjaxやDHTML,スクリプト言語に対応しており,携帯電話機用Webページだけでなく,パソコン向けに構成されたWebページの閲覧も可能。メモリー・マネージャ,マウス・ポインタ機能,フレーム・レンダリング機能,テキスト検索機能や,モバイル機器の画面の幅に合わせてテキストの表示幅を調整する機能などを備える。

 なおWeb Browser for S60は,当初「E60」「E61」「E70」「N71」「N73」「N80」「N91」「N92」「N93」「Nokia 3250 Phone」に搭載する。一部モデルは既に出荷を開始しており,2006年第2四半期中に全モデルを利用可能とする。

[発表資料へ]