PR

 米Nielsen//NetRatingsは米国時間5月25日,2006年4月の米国検索エンジン市場に関する調査結果を発表した。それによると,4月に実行された検索のうち50%を「Google」が占めた。「Yahoo!」は22%,「MSN」は11%だった。

 Googleは前年同月と比べシェアを3ポイント拡大している。Yahoo!は横ばいで,MSNは1ポイント縮小した。

 「これら検索大手は競争を繰り広げながら,さらに新サービス追加や機能強化をリリースし,ユーザー獲得を図るだろう。他の小規模プロバイダも,検索ニーズを絞り込んだサービスを提供する可能性がある」(Nielsen//NetRatings検索業界担当バイス・プレジデントのMichael Lanz氏)。

 検索エンジン別の検索件数をみると,前年同月と比べて最も増加したのはGoogle(34%増)。Yahoo!(27%増)とMSN(10%増)がそれに続いた。


■2006年4月の検索エンジン別市場シェア(米国)
--------------------------------------------------------------------------
検索エンジン 2005年4月の 2006年4月の シェアの
シェア シェア 伸び幅
--------------------------------------------------------------------------
Google Search 47% 50% +3
--------------------------------------------------------------------------
Yahoo! Search 22% 22% 0
--------------------------------------------------------------------------
MSN Search 12% 11% -1
--------------------------------------------------------------------------
出典:Nielsen//NetRatings社


■2006年4月の検索エンジン別検索件数(米国)
--------------------------------------------------------------------------
検索エンジン 2005年4月の 2006年4月の
検索件数(単位1000回) 検索件数(単位1000回) 増加率
--------------------------------------------------------------------------

Google Search 1,986,795 2,655,649 34%
--------------------------------------------------------------------------
Yahoo! Search 919,894 1,169,109 27%
--------------------------------------------------------------------------
MSN Search 515,926 570,080 10%
----------------------------------------------------------------------
出典:Nielsen//NetRatings社

[発表資料へ]