PR

 米Texas Instruments(TI)は米国時間6月8日,2006年第2四半期の業績予測の上方修正を発表した。それによると,売上高は36億3000万~37億8000万ドルの範囲で,1株あたり利益は46~48セントの範囲になる見通し。

 従来予測は売上高が34億6000万~37億5000万ドル,1株あたり利益が38~43セントだった。

 なお,売上高には米Conexant Systemsとの特許訴訟で受け取る和解金7000万ドルが含まれる。また1株あたり利益には,4セントの株式報酬関連の費用が含まれる。

 部門別の売上高は,Semiconductor部門が34億5000万~35億9000万ドル(従来予測では32億9000万~35億6000万ドル),Educational&Productivity Solutions部門が1億7500万~1億8500万ドル(同1億7000万~1億9000万ドル)とみている。

[発表資料へ]