PR

 米IDCが米国時間6月8日,携帯電話機/スマートフォンの世界市場に関する調査結果を発表した。それによると,2006年第1四半期における出荷台数は1890万台で,過去最高を記録したという。前期から7.5%増え,前年同期に比べると67.8%急増した。IDCでは,「当期中に成長鈍化の兆候はみられなかった」としている。

 IDCモバイル市場チーム調査アナリストのRamon Llamas氏によれば,(モバイル機器の普及が)飽和しているほとんどの地域では,通常,第1四半期の出荷台数は前期に比べて減るものだ。しかし,当期の出荷台数は拡大し,「市場はさらに成長する過程にある」(同氏)。

 こうした成長の理由について,Llamas氏は「参入するベンダーの数が増えており,それにつれて製品の種類も増加しているため」とみる。「新製品の魅力と,ベンダー間の厳しい競争の影響で,スマートフォン市場はいっそう拡大を続けるはずだ」(同氏)。

■ベンダー別の携帯電話機/スマートフォン出荷台数と市場シェア(単位:100万台)
=============================================================================
   ベンダー                 2006年Q1                2005年Q1          成長率
                       出荷台数  市場シェア    出荷台数  市場シェア  
-----------------------------------------------------------------------------
1  Nokia                 8.16     43.2%         5.45     48.4%      49.9%
2  松下電器産業          1.89     10.0%         1.145    10.2%      65.1%
3  NEC                   1.79      9.5%         1.140    10.1%      57.0%
4  Research in Motion    1.45      7.7%         0.78      6.9%      85.7%
5  シャープ              1.07      5.7%         0.00      0.0%      0.00%
-----------------------------------------------------------------------------
-  その他                4.52     23.9%         2.74     24.4%      64.7%
-  合計                 18.88    100.0%        11.25    100.0%      67.8%
=============================================================================
※集計はベンダーのブランド別に実施し,OEM販売による出荷台数は除外した
出典:IDC(2006年6月7日)

[発表資料へ]