PR

 米Microsoftは,「2007 Microsoft Office system」と連携可能なアプリケーション「Office Business Applications」のサード・パーティによる開発を支援する計画を米国時間6月12日に発表した。こうしたアプリケーションを開発するための機能である「Office Business Application(OBA)Services」は,2007 Office systemのベータ2版とともに現在ベータ版が利用可能となっている。

 OBA Servicesは,2007 Office systemのワークフロー,検索,業務データ・カタログ,新ユーザー・インタフェース,Microsoft Office Open XML Formats,Webサイト,セキュリティ・フレームワークといった機能で構成する。「OBA Servicesを利用することで,開発者や業界のパートナ企業は,商機を拡大し,ソリューションの柔軟性を高め,旧来の業務用アプリケーションをより“People-Ready”(人に合わせた状態)にするOffice Business Applicationsを構築できる」(Microsoft社)。

 Microsoft社は同日,基幹業務アプリケーション(LOB:Line Of Business)との相互接続性を意識した製品「LOBi for Microsoft Office SharePoint Server」も発表した。同製品は,Officeクライアント・アプリケーションや企業向けポータル・サーバー「Microsoft Office SharePoint Server 2007」と連携し,業務プロセスの構造化,Office内からの業務アプリケーションの更新といった機能を提供する。2006年末に技術プレビュー版を利用可能にする予定。

 さらに同社は,2007 Office systemとほかのアプリケーションの接続を容易にするLOBアプリケーション・アダプタ「BizTalk Adapter Pack」を提供する計画も明らかにした。

[発表資料へ]