PR

 米IDCが米国時間6月13日に,世界パソコン市場の調査結果を発表した。それによると,2006年第1四半期における世界パソコン出荷台数は12.6%増加し,3月時点の予測である11.8%を上回った。2004年(増加率15.1%)と2005年(同16%)から失速しているものの,同市場は今後も堅調に拡大する見通しという。

 地域別にみると,西欧と米国の伸び率は事前予測を約1ポイント下回った。一方,日本とアジア太平洋地域,その他の地域は事前予測を数ポイント上回る伸びを見せた。

 これらの結果を受け,IDCは2006年の世界パソコン出荷台数の伸び率予測を3月時点の10.5%から10.8%に上方修正する。また,2007年と2008年の伸び率見通しもそれぞれ11.7%,10.6%に引き上げる。

 IDC,Worldwide Quarterly PC Tracker部門ディレクタのLoren Loverde氏は,成熟市場の伸び悩み,「Windows Vista」の発売延期,商品在庫の増加などが,世界パソコン市場のさらなる減速を招く可能性があると指摘する。ただし,「新興市場での高まる需要,価格の低下,技術開発,ベンダー間や流通経路間の激しい競争などに支えられ,世界パソコン出荷台数は確実に伸びる」と述べる。

 なおIDCは,世界パソコン市場の出荷総額が,2008年まで年平均3~5%で成長すると予測している。

■2004~2008年における米国および世界市場のパソコン出荷台数
(単位:100万台)
----------------------------------------------------------
地域               2004年  2005年  2006年  2007年  2008年  
----------------------------------------------------------
米国出荷台数 
消費者向けパソコン  21.8    23.6    25.6    29.0    32.6
企業向けパソコン    36.5    40.3    41.9    46.0    49.4
合計                58.3    63.9    67.5    75.0    82.0

世界出荷台数
消費者向けパソコン  64.9    78.4    88.4   100.0   111.2
企業向けパソコン   114.4   129.4   141.9   157.1   173.3
合計                79.2   207.9   230.2   257.1   284.5
----------------------------------------------------------
出典:IDC 
注:2006~2008年は予測データ
■2005~2008 年における米国および世界市場のパソコン出荷台数伸び率
(単位:%)
-----------------------------------------------------
地域                 2005年  2006年  2007年  2008年  
-----------------------------------------------------
米国出荷台数 
消費者向けパソコン   8.3%   8.5%   13.5%   12.1%
企業向けパソコン     0.4%   4.1%    9.7%    7.5%
合計                 9.6%   5.7%   11.1%    9.3%

世界出荷台数
消費者向けパソコン   20.9%  12.7%   13.1%   11.3%
企業向けパソコン     13.2%   9.6%   10.8%   10.3%
合計                 16.0%  10.8%   11.7%   10.6%
------------------------------------------------------
出典:IDC 
注:2006~2008年は予測データ

[発表資料へ]