PR

 米Oracleは米国時間6月14日,組織化されてないコンテンツやデータを管理する「Oracle Content Database」と「同Records Database」を発表した。両製品は,組織化されていないデータの管理を可能にすることにより,企業の生産性の向上とと法規制への対応支援を狙ったもの。ポリシーに基づいてコンテンツを収集,分類,保持,検索する機能を提供する。

 Content DBとRecords DBは,データベース管理システムの「Oracle Database 10g」で利用できる。そのため,企業は,既存のインフラとリソースを通じて,Office文書,PDF形式ファイル,イメージ,イメージ,画像といったデータベース上にある組織化されていないコンテンツやメタデータをコスト効率よく管理可能になるという。同社社長のCharles Phillips氏によれば,企業データの80%は組織化されていないデータであり,現在このようなデータの90%は管理が行なわれていない状態にあるという。

 両製品がオープンな標準規格を採用しているため,顧客,システム・インテグレータ,独立系ソフトウエア・ベンダーは,WebサービスとSOA(サービス指向アーキテクチャ)を利用してユーザーに適したコンテンツ管理機能の提供が可能となる,と同社は説明。また,別のアプリケーションへの拡張も可能だとしている。

 Oracle Content DBとOracle Records DBは,Oracle Database 10g Enterprise Editionのオプションとして60日以内に提供を開始する。価格は出荷前に発表される予定。

発表資料へ