PR

 米Gartnerは米国時間6月12日,2005年のIT運用管理ソフトウエア(ITOM:IT operations management)世界市場に関する調査結果を発表した。それによると,同市場の売上高は99億ドルで,前年から12.6%増加した。売上高の95%以上を米国ベンダーが占めている。また,上位ベンダー5社のシェア合計は60%にのぼる。

 ベンダー別の市場シェア(売上高ベース)は,米IBMが24.2%で首位を維持。米CA(13.3%)と米BMC(12%)がそれに続く。4位の米Hewlett-Packard(7.3%)は,前年と比べ25.7%増収し,過去最高の成長率を記録した。

■2005年におけるIT運用管理ソフトウエア世界市場のベンダー別売上高
(単位:100万ドル)
-------------------------------------------------------------------------
ベンダー              2005年      市場        2004年      市場     成長率
                      売上高     シェア       売上高     シェア    (%)
                   (100万ドル) (%)   (100万ドル)  (%)
-------------------------------------------------------------------------
IBM                   2,398.1     24.2      2,182.0       24.8      9.9
CA                   1,318.4     13.3      1,194.5       13.6     10.4
BMC                   1,188.4     12.0      1,164.4       13.2      2.1
Hewlett-Packard         724.9      7.3        576.8        6.6     25.7
Quest Software          384.1      3.9        323.6        3.7     18.7
その他                3,893.1     39.3      3,359.7       38.2     15.9
合計                  9,907.1    100.0      8,801.0      100.0     12.6
-------------------------------------------------------------------------
出典:Gartner Dataquest社(2006年6月)

 分野別にみると,売上高が最も急成長したのは構成管理分野で,前年比27%増加した。法律遵守のためにIT管理を変更しなければならなかったことが背景にある。

 市場の最大部分を占めたのは,可用性とパフォーマンス分野(24.9%)。この分野に含まれるものとして,イベント管理,エンド・ツー・エンド・アプリケーションのトランザクション測定,サービス品質保証制度の監視と報告,業務サービス管理などがある。

 Gartner社シニア・リサーチ・アナリストのRuggero Contu氏は,「同市場は2010年まで堅調に成長するだろう。企業のIT部門がインフラの経費や複雑さの軽減,そしてより優れた管理を目指してIT運用管理ソフトウエアに投資するからだ」と述べた。

[発表資料へ]