PR
写真:Microsoftの集団指導体制。写真は左からBill Gates会長,Chief Research and Strategy Officer(最高戦略責任者)のCraig Mundie氏,Chief Software ArchitectのRay Ozzie氏,CEO(最高経営責任者)のSteve Ballmer氏
写真:Microsoftの集団指導体制。写真は左からBill Gates会長,Chief Research and Strategy Officer(最高戦略責任者)のCraig Mundie氏,Chief Software ArchitectのRay Ozzie氏,CEO(最高経営責任者)のSteve Ballmer氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは6月15日(米国時間),同社の会長兼チーフ・ソフトウエア・アークテクトであるBill Gates氏が2008年7月をもって「現役(day-to-day role)」を引退すると発表した。会長の座にはとどまるが,今後は自身の福祉財団「Bill & Melinda Gates Foundation」の運営に専念する。チーフ・ソフトウエア・アーキテクトの後任には,現最高技術責任者(CTO)であるRay Ozzie氏が就任する。

 Microsoftは「代替わり」を2年がかりで進める予定だ。Gates氏の職務を引き継ぐのはRay Ozzie氏だけでない。Ozzie氏と同じCTO(現在同社には3人のCTOがいる)であるCraig Mundie氏がChief Research and Strategy Officer(最高戦略責任者)に就任し,戦略立案を担当する。MicrosoftはBill Gates会長とSteve Ballmer CEOの二頭体制から,集団指導体制に移行するわけだ。

 Gates氏は「これは自分にとって,厳しい決断だった。私は,自分が情熱をもって挑戦できる事業が2つ(Microsoftと福祉財団)あることを幸運だと思っている」と語り,福祉財団の運営に専念する考えを示している。