PR

 セキュリティ・ベンダーの英Sophosは現地時間6月16日,米Coca-Colaをかたる偽メールが出回っているとして注意を呼びかけた。偽メールの内容は,「あなたは総額250万ドルの懸賞に当選したので連絡してほしい」というもの。目的は,受信者の個人情報を盗むこと。

 偽メールは不特定多数に向けて送られている模様。文面は英語。件名は「COCA COLA PROMOTION」。メールの本文では,Coca-Colaは6月初めからキャンペーンを実施していることや,メールの受信者はそのキャンペーンの懸賞に当選したことを伝えている。懸賞では,Webサイトで公開されているメール・アドレスをコンピュータで収集し,その中からランダムに50アドレスを選んで,当選者50名を決めたという。

 メールでは,当選者(メールの受信者)に対して,Coca-Colaの代理店(もちろん偽者)へ電話あるいはファックスで連絡するよう伝えている。これにより,受信者の個人情報を盗むことが今回の偽メールの目的である。

 個人情報などを盗もうとする偽メールは次から次へと出現している。Sophosでは十分注意するよう改めて注意を呼びかけている。

◎参考資料
Coca Cola lottery notification email is not the real thing