PR

 米Sun Microsystemsは,デスクトップJavaソフトウエア開発プラットフォームの次版「Java Platform Standard Edition(Java SE)6」(開発コード名は「Project Mustang」)に,オープンソース・データベース「Java DB」と,NetBeans 5.0用GUI作成ツール「Project Matisse」(開発コード名)のコンポーネント「Group Layout」を組み込む。Sun社が米国時間6月21日に明らかにしたもの。Java SE 6は,現在ベータ2版がSun社のWebサイトから無償でダウンロードできる。最終版は2006年秋に利用可能とする予定。

 Java DBは,Java対応オープンソース・リレーショナル・データベース(RDB)エンジンApache Derbyをベースとする。2Mバイトという小さなサイズにもかかわらず,標準的なデータベース機能を備えているという。クライアント・サーバー構成で運用できるほか,Java仮想マシン(JVM)上で動くJavaアプリケーションに直接組み込むことも可能。

 Sun社は同日より,Java SE 6の早期アクセス版に組み込んだ形でJava DBをWebサイトで提供していく。

 Group LayoutはMatisseの主要コンポーネントであり,WYSIWYG画面でJava向けGUI部品のSwingを使ったGUIを作ることができる。「(画面に配置する)部品間の距離や並びを適切に調整してくれるため,Swingの構成要素を意識する必要がない」(Sun社)。NetBeans 5.0は,オープンソース・ツール開発プロジェクトNetBeans.orgのWebサイトから無償でダウンロードできる。

 またSun社は同日,中国Founder Technology Group(方正科技集団)および中国Lenovo Group(聯想集団)とのJava実行環境「Java Runtime Environment(JRE)」に関するライセンス締結を発表した。これによりFounder社とLenovo社は,2006年第3四半期から自社製パソコンにJREの最新版を搭載して出荷する。

[発表資料へ]