PR

 米連邦取引委員会(FTC)は米国時間6月22日,個人情報を格納したノート・パソコンが盗まれたことを明らかにした。ドアロックした車からノート・パソコン2台が持ち去られ,そのうち1台には約110人分のID情報が保存してあるという。

 FTCによれば,盗まれた2台はパスワードで保護されており,パソコン内の数千ファイルのうち個人情報は「ごく一部」としている。

 個人情報は,FTCが訴訟などの法律に基づく調査のために集めたもので,氏名,住所,社会保障番号,生年月日,口座番号などが含まれる。FTCは,盗まれたパソコンに個人情報が保存されていた可能性のある人に,文書で通知している。該当者には,1年間無償でクレジット監視を提供する。

 ちなみに米メディアの報道(internetnews.com)によると,2台のノート・パソコンには,FTCの従業員や政府機関に関する情報は保存していない。

[発表資料へ]