PR

 米IDCは現地時間6月22日,日本を除くアジア太平洋地域(APEJ:Asia/Pacific excluding Japan)におけるアウトソーシング市場について調査した結果を発表した。それによると,2006年の同地域におけるアウトソーシング支出は100億ドルを超えるという。

 同市場は年平均成長率(CAGR)10.9%で成長を続け,2010年には160億6000万ドルに達すると同社は予想している。

 国別にみると,インドと中国は今後5年間で急成長を続け,2005~2010年においてそれぞれ年平均成長率19%と31%になるが,2010年の時点では,まだ完全に成熟した市場にはならないという。

 一方,オーストラリアとニュージーランドは,同地域において最も成熟したアウトソーシング市場であるという。シンガポールと香港は飽和状態に近づいており,拡大に制限があるが,契約更新や契約拡大のチャンスがあると同社は指摘している。

■2006年における日本を除くアジア太平洋地域のITアウトソーシング支出予測
                                                    (単位:100万ドル)
==================================
地域                2006年
==================================
オーストラリア&
ニュージーランド    5,216.2
----------------------------------
韓国                1,807.4
----------------------------------
大中華圏            1,410.1
----------------------------------
ASEAN諸国           1,112.3
----------------------------------
インド                841.8
----------------------------------
その他                128.1
----------------------------------
合計               10,517.7
==================================
出典:IDC,2006年

発表資料へ