PR

 米Salesforce.comは米国時間6月26日に,パートナ関係管理(PRM)サービス「Partnerforce, Salesforce Partner Edition」を発表した。企業は,さまざまな販売チャネルを把握し,販売およびマーケティング情報を複数の販売チャネルに素早く配信することが可能になるという。

 Partnerforce, Salesforce Partner Editionでは,分析予測機能を備えるほか,各パートナ向けに統一したブランド・イメージのポータル・サイトをカスタマイズできる。

 同製品を利用すれば,企業の販売担当マネージャは,統一感のあるポータル・サイトから,正確な販売活動を閲覧できるようになるという。加えて,「統合リード管理システム」によって,社内の販売担当者とチャネル・パートナが同一のリード情報を活用できるとする。

 また,オンデマンド・アプリケーション共有サービス「AppExchange」からアプリケーションを追加し,リベート・サービスや特別価格設定などの機能を拡張できる。

 Partnerforce, Salesforce Partner Editionは2006年7月12日より提供を開始する。利用料金は,基本登録料に加え,1パートナあたり年間1500ドル(5ユーザーを含む)。
 
[発表資料へ]