PR

 米Cisco Systemsは米国時間6月27日に,EthernetとInfiniBandの両ファブリックに対応した高性能データ・センター向け統合フレームワークを発表した。

 EthernetとInfiniBand向けのネットワーク管理,アプリケーション・プロトコル,APIを単一のフレームワークに統合することにより,「コンピュータ・クラスタを導入している企業は,ネットワークの構成,管理,トラブルシューティングの作業を簡素化できる」(同社)としている。

 Cisco社は,同社の管理ソフトウエア「CiscoWorks LMS」「同Resource Manager Essentials」「同Dynamic Fault Manager」に,InfiniBandスイッチ「Cisco SFS 7000 Series」へのサポートを追加する。

 また同社は,新たなInfiniBandスイッチ「Cisco SFS 7000D Series」を発表した。24~288ポートを備え,データ転送速度は従来品の10Gbpsから20Gbpsに向上した。

[発表資料へ]