PR

 米Microsoftは米国時間6月29日に,著名な写真家やデジタル画像制作者の作品を紹介するWebサイト「Icons of Imaging」の開設を発表した。

 同サイトでは,Windowsベースのデジタル画像処理環境を利用している写真家の作品を掲載する。「同サイトの掲載作品が,他のデジタル・フォトグラファにインスピレーションを与え,優れた画像の創造を支援するのが狙い」(Microsoft社)としている。

 当初のメンバーは,Bambi Cantrell氏,Reed Hoffmann氏,Denis Reggie氏,John Shaw氏,Matthew Jordan Smith氏,Art Wolfe氏の6人。

 ちなみに6人は,Microsoft社が開催するプロ写真家およびデジタル画像業界関係者向けの会議「Pro Photo Summit」に出席し,プロ・レベルでのデジタル写真の現在の傾向と今後の方向性などについて語った。同会議では,デジタル画像関連技術のデモンストレーションを行ったほか,写真コンテストを実施した。

 同社は次期OS「Windows Vista」のリリースに向け,デジタル画像分野への注力を強めている。新しい静止画向けデータ・フォーマット「Windows Media Photo」に取り組むほか,最近では画像管理ソフトウエア・ベンダーの英iView Multimediaを買収している(iView社の発表)。

[発表資料へ]