PR

 米Harris Interactiveが,携帯電話機向けのメッセージング・サービスに関する調査結果を米国時間6月30日に発表した。それによると,ビデオ・メッセージングの利用者はわずか3%にとどまった。テキスト・メッセージング(SMS)は39%,画像メッセージングは18%で,58%以上は「どのメッセージング・サービスも使ったことがない」と回答した。

 年代別にみると,18~39歳は年配層に比べメッセージング・サービスの利用率が高く,テキスト・メッセージングは69%,画像メッセージングは32%が利用している。40~54歳はテキスト・メッセージングが35%,画像メッセージングが13%に下がり,55歳以上になると利用率がさらに減る。

 ただし,ビデオ・メッセージングはどの年齢層も利用者が少ない。最も多い18~39歳でも4%しかなかった。

■表1 年代別のメッセージング・サービス利用率<
==========================================================
                 合計     18~39歳   40~54歳    55歳以上
----------------------------------------------------------<
テキスト(SMS)  39%       69%       35%       14%
画像             18%       32%       13%        8%
ビデオ            3%        4%        2%        2%
----------------------------------------------------------
未利用           58%       29%       61%       84%
==========================================================
※複数回答あり
出典:Harris Interactive

 メッセージング・サービスを利用しない理由を質問したところ,「必要性がない」という回答が73%で圧倒的に多かった。2番目に多い「料金」は19%だった。

■表2 メッセージング・サービスを利用しない理由
========================
料金               19%
必要性がない       73%
複雑すぎる          8%
よく知らない       14%
その他              5%
========================

[発表資料へ]