PR

 米Oracleはシンガポールで現地時間7月4日,2006会計年度通期(2005年6月~2006年5月)および第4四半期(2006年3月~5月期)における,日本を含むアジア太平洋地域(JAPAC)事業の決算について明らかにした。通期の売上高は20億2000万ドルで,前年より18%増加した。そのうち,ソフトウエア・ライセンス収入は前年比69%増,データベースおよびミドルウエアのライセンス収入は同13%増であった。

 JAPAC事業が2006会計年度通期の総売上高で占める割合は約14%,全世界のライセンス収入で占める割合は19%である。

 また,第4四半期の売上高は,前年同期比27%増の6億8400万ドルとなった。ソフトウエア・ライセンス収入は前年同期比94%増,データベースおよびミドルウエアのライセンス収入は同31%増の伸びをみせた。「過去2年間で最も成長した四半期」(同社)という。

 JAPAC事業が第4四半期の総売上高で占める割合は約14%,全世界のライセンス収入で占める割合は18%だった。

 同社は「昨年9月の米Siebelの買収が奏功し,CRM分野で首位に躍り出ている。調査会社によると,アジア太平洋地域における当社のCRM市場シェアは17%である」と述べた。

 「2006会計年度通期は,JAPAC事業にとって記録的な1年となったばかりか,あらゆる製品ラインと地域において売上高が成長した。競合社より成長スピードも速く,市場シェアを着実に伸ばしている」(Oracle会長兼Asia Pacific & Japan事業担当執行バイス・プレジデントのDerek Williams氏)。

[発表資料へ]