PR

 米Monster Worldwideが,米国におけるオンライン求人状況に関する調査結果を米国時間7月6日に発表した。それによると,2006年6月の雇用指数は171で前月に比べ4ポイント増加した。これで2カ月連続の雇用拡大となった。

 地域別では,国勢調査時の区分である9地域すべてで雇用指数が上昇した。業界別では,調査対象の20業界中9業界で指数が上がった。

 Monster Worldwideは「管理,金融,ITといったホワイト・カラーに対する求人が特に多く,軍事関係,医療,鉱業,通信,社会サービスでも求人が増えた」と述べる。こうした状況から,同社は「技術のある人材の不足が続いている」とみる。

 その一方で,建築,小売業,食品サービス,農業,林業,漁業,狩猟分野では,雇用指数の低下がみられた。

■米国におけるオンライン雇用指数(2005年6月~2006年6月)
================================================================
           2006年                            2005年
----------------------------  ----------------------------------
6月  5月  4月  3月  2月  1月  12月 11月 10月 9月  8月  7月  6月
----------------------------------------------------------------
171  167  163  164  157  151  145  149  143  140  142  134  136
================================================================
出典:Monster Worldwide

[発表資料へ]