PR

 米AMDは同社の2006年第2四半期売上高が従来予測を下回る見通しであることを,米国時間7月6日に明らかにした。当期の売上高は12億1500万ドルとなる見込みで,前年同期比では52%増だが前期からは9%減少。同社は当初,「前期から横ばい,あるいは季節的影響でわずかな減少」と見ていた。

 同社の説明によれば,サーバーやワークステーション向けのシングル・コアおよびマルチ・コアなどの需要は引き続き好調で,Opteronは記録的な売上となった。しかし,エントリ・レベルと主流ノート・パソコンやデスクトップ・パソコン向けプロセサの売上高が落ち込んだ。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,通常,第2四半期は前期より減収となるが,「2~4%減が一般的だ」(米Mercury Research)。アナリストらは,需要低迷や米Intelの価格プレッシャなど,あらゆる要因が影響したと分析している。

 なお,AMDは正式な第2四半期決算を7月20日に発表する予定。

[発表資料へ]