PR

 米IBMは,大企業の部門や中小企業向けの検索/情報分析ソフトウエア「IBM WebSphere Information Integrator OmniFind Starter Edition」と情報統合ソフトウエア「WebSphere Information Integrator Content Starter Edition」を,米国時間7月7日に発表した。いずれもただちに利用可能となる。

 両ソフトウエアについて,IBMは「当社の企業向け検索/情報統合機能を,低コストで導入できる」と説明する。さまざまな形式のデータや,米EMC,米Microsoft,米Oracleなどの他社製アプリケーションに対応している。

 OmniFind Starter Editionは,組織内に散在する情報を分析してインデックスを作成し,検索可能な状態に整理する。構造化されていないコンテンツのテキストを分析するIBMのオープンソース技術「Unstructured Information Management Architecture(UIMA)」に対応しており,テキスト内の潜在的な意味や相関関係を分析できる。

 Content Starter Editionは,電子メール,音声,ビデオ,画像などのファイルや文書を統合し,単一システム内に保存されているかのように見せる。各種システムにアクセスするためのコネクタが付属する。コネクタをユーザーが自ら開発するためのツールキットも用意する。

[発表資料へ]