PR

 米IBMが,デスクトップLinux向けグループウエア・クライアント・ソフトウエア「IBM Lotus Notes on Linux」を米国時間7月10日に発表した。Lotus Notes version 7用クライアントとして提供する。

 Lotus Notes on Linuxにより,デスクトップLinuxからNotesの電子メールやグループ・スケジュール管理といった機能に加え,各種Notes用アプリケーションの利用が可能となる。当初の対応OSは,Red Hat Enterprise Linux 4, Update 3。Novell SUSE Linux Desktop for Enterprise 10には,同OSのリリースから約90日以内に対応する。

 米メディア(InfoWorld)によると,既存のNotesユーザーは7月24日よりLinux用クライアントを無料でダウンロードできるという。

 さらに同メディアは,IBMがリッチ・クライアント・アプリケーション向け開発および導入環境Eclipse Rich Client Platform(RCP)でLotus Notes on Linuxを開発したと報じている。同環境は2007年リリース予定のLotus Notesの次版「Hannover」(開発コード名)や,企業向けインスタント・メッセージング・ソフトウエアの次版「Sametime 7.5」でも使用するという。「Hannoverは,プログラムを修正することなくWindows,Mac OS X,Linux上で作動する」(同メディア)。

 またIBMは,「Microsoft Exchange」からLinux上の「Lotus Notes and Domino」への移行を推進する取り組み「Migrate to the Penguin」を展開している。これにより,ユーザーの電子メール/コラボレーション・システム移行を実現したパートナ企業は,最大2万ドルの報奨金を受け取れる。

[発表資料へ]