PR

 米Seagate Technologyは米国時間7月10日,記憶容量1T(テラ)バイトの家庭およびスモール・オフィス向けネットワーク・ストレージ「Maxtor Shared Storage II」を発表した。デュアル・ディスク構成のため,RAID-1(ミラーリング)の構築が可能。USBポートを2基備える。価格は899.95ドルで,7月中に出荷を開始する。

 WindowsもしくはMacマシンを最大20台接続できる。共有データへのアクセスやパスワード保護したフォルダの設定などを容易に管理できる「EasyManage CD」が付属する。また,各パソコンのバックアップやストレージ状況を一目で確認できる「SimpleView」機能を用意する。ギガビットEthernetを使い,データの転送や共有を高速で実行できるという。

 ほかにも,ファイル管理を効率化できる「Drag and Sort」機能を提供する。100以上のファイル形式を識別する同機能により,映像,写真,音楽,書類,ソフトウエアなどを個別のフォルダに自動保存できる。

 Maxtor Shared Storage IIを同社の「Pushbutton USB」や「Maxtor OneTouch」外付けストレージに接続すれば,障害発生時に備えてデータを自動的にバックアップするように設定できる。

 Seagate上級副社長兼Branded Solutions事業担当ジェネラル・マネージャのJim Druckrey氏は,「簡単で使いやすい,大衆市場向けのネットワーク・ストレージを提供するのが狙い」と述べている。

[発表資料へ]