PR

 米Microsoftは米国時間7月17日に,決算報告の事業部構成変更について明らかにした。2007会計年度(2006年7月~)より,5事業をベースにした業績発表とする。これまでは7事業をベースにして業績を発表していた。

 具体的には,クライアント,サーバーおよびツール,オンライン・サービス・グループ(MSNやWindows Live),Microsoft Business Division,Microsoft Entertainment and Devices Divisionの5事業ごとに業績をまとめる。

 同社は現在,Microsoft Platforms and Services Division,Microsoft Business Division,Microsoft Entertainment and Devices Divisionの3部門に事業を大別している。

 その中でMicrosoft Platforms and Services Divisionは,従来通りクライアント,サーバーおよびツール,オンライン・サービス・グループの3事業ベースで業績を報告する。

 一方,Microsoft Business Divisionは,情報ワーカー事業とMicrosoft Business Solutions事業を統合して業績を報告。またMicrosoft Entertainment and Devices Divisionも,家庭およびエンターテインメント事業とモバイルおよび組み込みデバイス事業を統合したかたちで業績を報告する。

 ちなみに,これまでサーバーおよびツール事業に含まれていた「Exchange Server」製品事業の業績は,Microsoft Business Divisionに組み込まれることになる。

 なお,同社が7月20日に発表する予定の2006会計年度第4四半期決算は,従来構成で報告する。

[発表資料へ]