PR

 オープンソース・ソフトウエアに関する情報を提供する米Ohlohは,オープンソース・ソフトウエア・プロジェクトの検索や比較が行えるWebサイト「Ohloh」の公開ベータ運用を開始した。Ohlohが米国時間7月19日に明らかにしたもの。

 同サイトでは,各種オープンソース・プロジェクトを検索し,ソースコードや使用している管理システムなどの情報を得ることができる。複数プロジェクトの情報を一覧表示して比較できる機能も備える。情報はすべて自動的に収集する。現時点で,3685件のプロジェクトに関する情報を用意している。

 「既存の検索エンジンを使っても,オープンソース・ソフトウエアを見つけたり,比較したりするのは難しい。そこでわれわれはOhlohを作った」(Ohloh CEOのScott Collison氏)。

 米メディア(CNET News.com)によると,Ohlohを設立したCollison氏とJason Allen氏はいずれも米Microsoftの元従業員であり,Microsoft元幹部のPaul Maritz氏およびPradeep Singh氏から資金援助を受けたという。

[発表資料(PDF形式)]