PR

 米IDCは米国時間7月20日,携帯電話の世界市場に関する調査結果を発表した。それによると,2006年第2四半期における出荷台数は2億3780万台で,前年同期から22.5%増加。好調だった前期の記録を2.1%上回った。出荷された携帯電話機の大半はエントリ・レベル機種が占めているが,同期は第3世代(3G)ネットワーク対応機種の出荷台数が増加している。

 同年1~6月までの出荷台数は4億7070万台に達している。同社は,新興市場における需要が引き続き拡大する一方で,いくつかの成熟市場における需要が減速していることを指摘。「通期の出荷総数が10億台に近づく可能性はあるが,10億台を超えることは無い」と予測している。

 メーカー別にみると,フィンランドのNokiaが7840万台を出荷。出荷台数ベースのシェア33.0%%で首位を維持した。2位は米Motorolaでシェア21.8%%。出荷台数は前年同期から53.1%増加している。両社のシェアは,市場全体の半分以上を占めている。3位は韓国Samsung(シェア11.1%)。4位はソニーとスウェーデンEricssonの合弁企業Sony Ericsson(同6.6%)だった。前回調査で4位だった韓国LG Electronics(同6.4%)は5位に順位を下げた。

■トップ5ベンダーの携帯電話機出荷台数と市場シェア(単位:100万台)
======================================================================
   ベンダー               2006年Q2             2005年Q2        成長率
                    出荷台数  市場シェア  出荷台数  市場シェア  
----------------------------------------------------------------------
1.Nokia               78.4      33.0%      60.8      31.3%     28.9%
2.Motorola            51.9      21.8%      33.9      17.5%     53.1%
3.Samsung             26.3      11.1%      24.3      12.5%      8.2%
4.Sony Ericsson       15.7       6.6%      11.8       6.1%     33.1%
5.LG Electronics      15.3       6.4%      12.1       6.2%     26.4%
----------------------------------------------------------------------
その他                 50.2      21.1%      51.2      26.4%     -2.1%
合計                  237.8     100.0%     194.1     100.0%     22.5%
======================================================================
※OEM販売による出荷台数は除く
出典:IDC(2006年7月20日)

発表資料へ