PR

 米Nielsen//NetRatingsは米国時間7月21日に,2006年6月の米国検索エンジン市場に関する調査結果を発表した。それによると,6月は「Google」が検索回数ベースのシェア49.4%を占めて首位を維持。「Yahoo!」(シェア23.0%),「MSN」(同10.3%),「AOL」(同6.9%)がそれに続いた。

 前年同月と比べて検索回数が最も急増したのは「Ask.com」(66%増)だった。Googleは31%増,Yahoo!は29%増加した。一方,MSNとAOLは4%未満の伸び率にとどまった。


■2006年6月における検索エンジンのシェア トップ10
------------------------------------------------------------
検索エンジン 検索回数 前年同月比 シェア
(1000回) (%) (%)
------------------------------------------------------------
Google 2,671,048 31% 49.40%
------------------------------------------------------------
Yahoo! 1,243,621 29% 23.00%
------------------------------------------------------------
MSN 555,638 3% 10.30%
------------------------------------------------------------
AOL 371,446 3.60% 6.90%
------------------------------------------------------------
Ask.com 125,588 66% 2.30%
------------------------------------------------------------
My Way 118,864 51% 2.20%
------------------------------------------------------------
Netscape 25,815 -36% 0.50%
------------------------------------------------------------
Dogpile.com 24,884 -29% 0.50%
------------------------------------------------------------
iWon Search 24,759 -42% 0.50%
------------------------------------------------------------
EarthLink 24,335 -28% 0.40%
------------------------------------------------------------
出典:Nielsen//NetRatings社(2006年7月)

 米メディア(InfoWorld)の報道によると,検索エンジンで提供されるオンライン広告の市場は近年,数十億ドル規模に拡大した。シェア最大のGoogleがこの恩恵のほとんどを享受しており,売上高と株価が急成長を遂げている。売上高拡大を目指すYahoo!,Microsoft,AOL,Ask.comは,各自の検索エンジン・サービスおよび検索ベース広告の販売サービスに大規模な投資を行っている。

[発表資料へ]