PR

 米Time Warner Telecomは米国時間7月27日,企業向け通信サービスの米Xspedius Communicationsを買収することで両社が最終合意に達したと発表した。買収総額は約5億3150万ドルにのぼる。

 Time Warner Telecomは,現金2億1250万ドルとTime Warner Telecom株式(クラスA普通株)3億1900万ドル相当をXspediusに支払う。

 Xspediusは,都市型Ethernet,市内および長距離通話,インターネット接続サービスなどを含む包括的通信サービスを,米国内18州およびコロンビア特別区の43市場で企業とキャリアに提供している。米メディアの報道(internetnews.com)によると,Xspediusがサービスを展開している市場の多くは,Time Warner Telecomのサービス地域に近いという。

 Xspedius買収により,Time Warner Telecomはネットワークの範囲と市場の奥行きを拡張し,各地に支社を持つ顧客企業への対応を向上できるとしている。「サービス展開地域を44市場から75市場に拡大する」(Time Warner Telecom会長,CEO兼社長のLarissa Herda氏)。

 また,Time Warner Telecomは,2007年におけるXspedius事業の年間売上高を約2億3000万~2億5000万ドルと見込んでいる。

[発表資料へ]