PR

 米Applied Micro Circuits(AMCC)と,10Gigabit Ethernet(10GE)のPHY (Physical Layer Transceiver)関連ファブレス半導体企業であるカナダQuake Technologiesは,AMCCによるQuakeの買収について最終合意に達した。AMCCが米国時間8月3日に明らかにしたもの。AMCCはQuakeの発行済株式を,約6900万ドルの現金ですべて取得する。手続きは2006年8月末に完了すると見込む。

 Quakeは,2000年に設立した未公開企業。カナダのオンタリオ州オタワに本社を置く。従業員数は約50人。

 AMCC社長兼CEOのKambiz Hooshmand氏は,Quake買収の効果について「急拡大している規模の大きな10GE市場に早い段階で参入し,強固な立場を確保できる」と説明する。またQuake社長兼CEOのDaniel Trepanier氏は,「AMCCのパケット処理に関する経験が,当社の優れた10GE PHY技術を補完してくれる」としている。

 買収により,Trepanier氏はHooshmand氏の直属の部下となり,事業の運営を続ける。

[発表資料へ]