PR

 中国のAnalysys Internationalは,中国現地時間8月3日,2006年第2四半期における中国サーバー市場に関する調査結果を発表した。それによると,当期のサーバー出荷台数は前期比5.4%増の14万1000台で,市場規模は47億元(約5億8900万ドル)となった。

 前年同期と比べると,サーバー出荷台数は20%増加し,市場規模は34.4%拡大した。ユーザーが求めるサーバー要件の高度化にともない高額なサーバーの需要が高まっている,とAnalysys Internationalは分析する。

 当期は2万元(約2500ドル)未満のサーバーが,市場全体の16.6%(前期比0.4ポイント増)を占めた。2万~5万元(約2500~6300ドル)のサーバーのシェアは,31.7%(前期比0.3ポイント増)だった。

 サーバーの種類別にみると,IA(Intel Architecture)サーバーの出荷台数が13万5000台で,市場全体の96.1%を占める。RISCプロセサを採用したサーバーの出荷台数は5000台で,前期から横ばいとなった。

[発表資料へ]