PR

 米Googleと米News傘下の米Fox Interactive Media(FIM)は,「MySpace.com」などFIMが運営するWebサイトにおいて,Googleが検索とキーワード広告サービスを独占的に提供することで合意した。両社が米国時間8月7日に明らかにしたもの。Googleは2006年第4四半期より,FIM系列の大半のサイトにおいて,Web,専門分野,サイト内検索サービスのほか,スポンサー付き広告リンクを提供する。

 Googleは,FIMがトラフィックなど既定の取り決めを守ることを条件に,2007年第1四半期~2010年第2四半期にかけて,売上高ベースの支払いとして少なくとも9億ドルを支払うことになる。またGoogleは,FIMのネットワークでサードパーティが販売する表示広告に関して,優先的先買権を有するという。

 Google,CEOのEric Schmidt氏は,「MySpace.comなど,FIM系列サイトの利用者は急増しており,当社の革新的な技術は大きな恩恵をもたらすことできる」と語る。

 またGoogleは同日,メディア大手の米Viacomと広告付きビデオ配信に関して提携を結んだと発表した。Googleは今月より,自社のセルフサービス式広告配信プログラム「AdSense」を利用して,Viacomのケーブル・ネットワーク事業MTV Networksのコンテンツを配信する。「両社にとって初めてのビジネス・モデル」(Google)という。

 提携により,Webサイトやブログの作成者は,Nickelodeonで放映中のアニメ「SpongeBob SquarePants」や,MTVの「Laguna Beach: The Real OC」といった人気番組の広告付きクリップを,自身のサイトで提供できるようになる。

 また両社は,MTVネットワークの番組を「Google Video」でダウンロード販売すると発表した。価格は1話当たり1.99ドル。

[発表資料(1)へ]
[発表資料(2)へ]