PR

 米Technoratiは米国時間8月7日,「当社が追跡しているブログの数は,2006年7月31日に5000万件に達した」などとする調査結果を発表した。同社のDavid Sifry氏が公式ブログに掲載した記事によると,ブログの数は約6カ月半ごとにほぼ倍増しており,3年前と比べその数は100倍に増加したという。

 2006年7月時点で,毎日新しいブログが約17万5000件,つまり毎秒2件以上開設されている。1日当たりに投稿される記事は約160万本で,1秒当たりに換算すると18.6本となる。「約1年前と比べ,投稿数は倍増している」(同氏)。

 言語別にみると,2006年6月は英語によるブログが39%,日本語が31%,中国語が12%。また,記事が投稿される時間帯をみると英語は午前10~午後2時の時間帯,そして17時頃が最も多い。一方日本では,午前6~9時や午後6時頃,そして真夜中~深夜2時頃に投稿が多いことが分かった。「日本は米国と比べ,就業時間中にブログを更新する人が少ないようだ」(同氏)。

 また同社が受信するpingコマンドのうち,約70%はスパム・ブログによるものという。「新規ブログとして索引されるブログの約8%がスパム・ブログだが,通常は数時間~数日間しかインデックスに残らない」(同社)。

[発表資料へ]