PR

 中国のリサーチ企業であるAnalysys International(易観国際)が2006年7月に発行した「中国Web2.0市場年度総合報告2006」によると、Web2.0系サービスの広告市場は2005年に0.71億元(約10億2950万円)だったのが、2006年に1.65億元(約23億9250万円)、2007年に5.18億元(約75億1100万円)、2008年には21.44億元(約310億8800万円)になると予測している。

 Web2.0サービスを柱にしたWebサイトもいくつか誕生している。その一つが中国国内では中堅のポータルサイト運営会社である千橡互動が新たに立ち上げた「マオプゥ」だ。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、ブログ、BBSなどさまざまな機能があり、既に2000万人のユーザー数を得ている。