PR

 米IBMが,新型ディスク・ストレージ・サーバー「IBM System Storage DS4200 Express」を米国時間8月8日に発表した。同社は「IBM System Storage DS4000」製品系列の既存モデルについて機能強化も実施する。

 DS4200 Expressは,大企業の部門向けまたは中小企業向けのストレージ・サーバー。「DS4100」の後継モデルに相当する。4Gビット/秒のファイバ・チャネル(FC)インタフェースを採用し,最大56TバイトのSerial ATA(SATA)対応ハード・ディスク装置(HDD)を搭載可能。「DS4000 EXP420」と組み合わせると,FC/SATA拡張ユニットを6台まで接続できる。8月25日に利用可能とする。価格は1万1474ドルから。

 またIBMは,「DS4700」「DS4800」「EXP810」に500GバイトSATA対応HDDを搭載可能とすることで,「階層的なデータ・ストレージ・システムに適した構成にできる」としている。機能強化の概要は以下の通り。

・DS4700とDS4800で4Gビット/秒 FCインタフェースに対応

・ストレージ拡張ユニット「EXP810」には16台のHDDを搭載可能

・DS4700の記憶容量は最大56Tバイト(6台のEXP810に500GバイトのSATA対応HDDを搭載)

・DS4800の記憶容量は最大112Tバイト(14台のEXP810に500GバイトのSATA対応HDDを搭載)

・DS4700およびDS4800で「VMware Infrastructure 3」に対応

機能強化版DS4700,DS4800,EXP810は直ちに利用可能とする。価格は既存モデルと同じ。

[発表資料へ]