PR

 米Gartnerは米国時間8月7日,2006年第2四半期の世界PDA市場に関する調査結果を発表した。それによると,当期のPDA出荷台数は前年同期比2.7%増の約370万台で,第2四半期としては過去最高となった。

 PDAへのWAN対応が進んだことや,無線ネットワーク・プロバイダによるマーケティング活動が出荷台数の増加につながったとGartnerは分析する。

 ただし,トップ3ベンダーの出荷台数は軒並み減少した。市場シェア22.5%で首位を維持したカナダResearch In Motion(RIM)は,スマートフォンを含む「Blackberry」の出荷台数が前年同期比41%増加したものの,PDA製品は同1.1%減少した。2位の米Palmは同27%減,3位の米Hewlett-Packard(HP)は同15%落ち込んだ。

 一方,出荷台数が伸びたのは,台湾のMio Technology,米Motorola,米Dangerなどだ。特にMio Technologyは前年同期比65.4%増と大幅に伸びた。

 なお,出荷台数は伸びたものの,世界PDA市場の売上高は前年同期比4.1%減少し,13億8000万ドルとなった。平均販売価格は373ドルで,前年同期と比べ6%低下した。

■2006年第2四半期における世界PDA市場のメーカー別出荷台数(単位:台)
----------------------------------------------------------------------
                         2006年Q2    市場   2005年Q2    市場
                          出荷台数   シェア  出荷台数   シェア  伸び率
メーカー                             (%)             (%)  (%)
----------------------------------------------------------------------
Research In Motion         830,720    22.5    840,000    23.3    -1.1
Palm                       470,458    12.7    642,020    17.8   -26.7
Hewlett-Packard            382,653    10.4    450,513    12.5   -15.1
Mio Technology             303,377     8.2    183,453     5.1    65.4
Nokia                      163,600     4.4    275,000     7.6   -40.5
その他                   1,545,596    41.8  1,209,272    33.6    27.8
合計                     3,696,404   100.0  3,600,258   100.0     2.7 
----------------------------------------------------------------------
注:データには無線対応PDAを含むが,スマートフォンは含まない
出典:Gartner(2006年8月)

[発表資料へ]