PR

 米Googleは米国時間8月9日,同社の書籍本文検索プロジェクト「Google Books Library Project(旧称:Google Print Library Project)」に,カリフォルニア大学が参加することを発表した。Googleによると,カリフォルニア大学は10カ所のキャンパスに100以上の図書館を擁する,「世界で最も大規模な研究および学術図書館」(同社)。

 同プロジェクトは,世界の主要な図書館の蔵書をデジタル化し,同社の書籍検索サイト「Google Book Search」で本文を検索できるようにするというもの。著作権が消滅している書籍に関しては,全テキストの閲覧や検索が可能。一方,著作権が保護されている書籍は,タイトルと著作者名,そして検索語周辺の2~3行しか表示されない。

 すでにミシガン大学,ハーバード大学,スタンフォード大学,ニューヨーク公立図書館,英国のオックスフォード大学などが参加しているが,著作権の観点からさまざまな論議を呼んでいる(関連記事)。

 ちなみにカリフォルニア大学は,米Yahoo!,米Microsoft,非営利団体の米Internet Archiveなどが協力する書籍デジタル化に関するコンソーシアム「Open Content Alliance(OCA)」のプロジェクトにも参加している(関連記事)。

[発表資料へ]