PR

 台湾のGigabyte TechnologyとASUSTeK Computerは現地時間8月8日,マザーボードとグラフィック・カードに関する戦略的提携を発表した。両社は,Gigabyteブランドのマザーボードを製造する合弁企業を設立する。

 新会社の資本金は80億台湾ドル。持ち株比率はGigabyteが51%,ASUSTeKが49%となり,2007年1月から事業を開始する。Gigabyteは,合弁会社の会長,3名の取締役,監視役1人を任命する。ASUSTeKは2名の取締役を任命する。

 新会社は,両社の製造と経営のノウハウを活かし,研究開発,製品ラインの多様化などによる相乗効果により,多くの異なる部門において競争力の強化を目指す。

発表資料へ