PR

 スペインのPanda Softwareは現地時間8月10日,マネー・ロンダリングに加担させようとするメールやWebサイトがここ数カ月急増しているとして注意を呼びかけた。犯罪組織が不正に入手した金銭を“洗浄”するために,高給を“餌”に一般ユーザーの銀行口座(あるいは銀行口座の開設に必要な個人情報)を狙っているという。

 同社によると,マネー・ロンダリングに利用されるユーザーは,ネットの俗語(Web slung)で“mule(らば)”と呼ばれているという。犯罪組織(犯罪者)は一般企業などをかたり,メールやWebサイトなどを使って,「技能や経験がなくても高給を得られる仕事がある」として“mule”を募る。

 このときターゲットとされるのは,犯罪組織などとは一切かかわりのない一般ユーザーである。万一,“mule”が摘発されたとしても,自分たちには捜査の手が及ばないようにするためだ。

 同社のディレクタであるLuis Corrons氏は,「マネー・ロンダリングに加担すると,重大な結果を招く恐れがある。懲役刑などに課せられる恐れがある」と警告する。同社では,「とても簡単で高給の仕事があります」といった“うまい話”がメールやWebサイトに記載されていても無視するよう注意を呼びかけている。

Panda Softwareの情報