PR

 comScore Networksは米国時間8月20日,米国の2006年7月における検索エンジンのランキングを発表した。それによると,「Google」は首位を維持したものの,市場シェアは43.7%で前月比0.1ポイント縮小。連続シェア拡大記録は11ヵ月でストップした。

 一方,2位の「Yahoo!」はシェア28.8%で前月から0.3ポイント増加。6月の前月比5ポイント増(関連記事)に続き,小幅ながらも2ヵ月連続でシェアを伸ばした。


■2006年7月における米国検索エンジンの市場シェア (家庭,職場,学生ユーザーを含む)
-------------------------------------------------------------------- 2005年7月 2006年6月 2006年7月 前年同月比 (ポイント) -------------------------------------------------------------------- 検索回数合計 100.0% 100.0% 100.0% N/A Google 36.5 44.7 43.7 7.2 Yahoo! 30.5 28.5 28.8 -1.7 MSN 15.5 12.8 12.8 -2.7 Time Warner 9.9 5.6 5.9 -4.0 Ask Network 6.1 5.1 5.4 -0.7 -------------------------------------------------------------------- 出典:comScore qSearch

 7月に米国で実行されたインターネット検索の回数は63億回だった。前月より2%減少しているが,前年同月からは30%増加した。検索エンジン別にみると,Googleが27億回, Yahoo!が18億回,MSNが8億200万回だった。

 ツールバーから実行された検索に限ってみた場合,Googleのシェアは50.3%,Yahoo!のシェアは46.2%で,両者を合わせると全体の95%以上を占めた。

[発表資料へ]