PR

 音声処理技術の米Global IP Sound(GIPS)は米国時間8月21日,米eBay傘下のSkype Technologiesとの契約延長を発表した。契約の延長により,VoIPサービス「Skype」を利用できるIP対応デバイスの音声品質の向上を図る。

 Skypeは従来の提携により,パソコン間のVoIP向けにGIPSの音声処理技術「GIPS VoiceEngine PC」のライセンスを提供してきた。今回の契約延長を通じて,パソコン以外のデバイス向けに「GIPS Voice Engine Embedded」ライセンスを提供する。これにより,ハードウエア製造業者は,同技術を搭載するSkype対応のIP電話を提供できるようになるという。

発表資料へ