PR

 米Salesforce.comは米国時間8月22日,同社のオンデマンドCRM(顧客関係管理)アプリケーション「Salesforce」を使って,「AdWords」を管理できる「Salesforce for Google AdWords」サービスを発表した。AdWordsは,米Googleの有料広告サービス。同サービスにより,AdWordsを使ったマーケティング・キャンペーンの展開,管理,効果測定などを,Salesforceから直接実行できるという。

 同サービスは,Salesforce.comのアプリケーション共有サービス「AppExchange」を介して利用する。検索エンジン・マーケティングの実施を簡易化し,ユーザーのクリックが見込み客の獲得,販売機会,取引成立にどれだけ貢献したかを追跡する。また,最も成果を上げている広告やキーワードを分析し,オンライン広告のROI(投資回収)を向上できる。

 同日より,Salesforceユーザーに同サービスを30日間,試験的に提供する。一般提供は2006年下半期になる予定。サービスの月額料金は1社当たり300ドル。

 なお,Salesforce for Google AdWordsは,同社が今年8月に買収した米Kiedenのサービスをベースにしたもの。米メディア(InfoWorld)によると,Kiedenは今年1月に設立された社員4人の極小企業。同社はAppExchangeプラットフォームを基盤に同サービスを開発し,今年5月にベータ版をリリースしていた。

[発表資料へ]