PR

 米Microsoftの開発者向けコミュニティ「MSDN Wiki」(ベータ版)がオープンソースのWebブラウザ「Firefox」に対応した。Microsoftで「Visual Studio 2005 Team System」のコンテンツ・アーキテクトを務めるRob Caron氏が自身のブログで米国時間8月21日に明らかにしたもの。

 MSDN Wikiでは,Microsoft開発者のドキュメンテーションに対して顧客が意見を投稿できる。これまで同社のブラウザ「Internet Explorer」のみに最適化されていた(InfoWorld)が,今後はFirefox上でも閲覧と編集ができるようになった。

 またMSDN Wikiでは,投稿者ベースでRSSフィード配信を受けられる機能を追加した。特定の投稿者のMSDN WikiプロフィールでRSSフィードを登録すると,その人物がMSDN Wikiに編集を加えた際に情報を受け取れる。

[Caron氏のブログ投稿記事]