PR

 米AMDは,中国の上海に同社の研究開発施設「Shanghai Research and Development Center(SRDC)」を正式に開設した。同社が現地時間8月22日に発表した。同社は,SRDCで技術パートナと顧客との協業を通じて,次世代プロセッサに対応するプラットフォームを開発する。このSRDCの設立にAMDは数百万ドルを投じており,米国外で最大のシステム設計拠点となる。

 SRDCの技術スタッフは,まずAMDの次世代モバイル・プラットフォームの開発に取り組む。SRDCではAMD製マイクロプロセッサの検証作業やテストも行う予定。

 同社は,SRDCで数百人の従業員の雇用を予定している。同社のOEMやODM顧客である中国Lenovo,米Hewlett-Packard(HP),米IBM,米Sun Microsystems,台湾Acer,富士通なども同地域に拠点を置いており,自治体からも強力なサポートを受けているという。

 同社副社長兼AMD Greater China社長のKaren Guo氏は,「中国は世界のIT市場で最も成長が速く,当社にとって長期的な成長と成功に重要な役割を果たす。SRDCの開設は,同地域における当社の足場を拡大するとともに,中国とその他の地域の顧客へのサービス提供を強化するものである」とコメントしている。

発表資料へ