PR

 米Microsoftとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「Facebook」を運営する米Facebookは,MicrosoftがFacebookユーザー向け文脈型広告を独占提供することで合意した。両社が米国時間8月22日に明らかにしたもの。広告配信は今秋の早い段階に始める。契約期間は複数年とするが,金額など詳しい取引条件は公表していない。

 これによりMicrosoftは,Facebook内でバナー広告とスポンサー付きリンクを提供する。広告配信には,有料広告検索プラットフォーム「Microsoft adCenter」を用いる。

 Facebookの登録ユーザー数は,現在900万人以上という。米comScore Media Metrixの調査によると,2006年5月におけるSNSサイトへの訪問者数が最も多かったのは,米News傘下の米Fox Interactive Media(FIM)が運営している「MySpace.com」で5140万人。Facebookは1400万人で3位,MicrosoftのSNS「MSN Spaces(8月にWindows Live Spaces名称変更)」は950万人で5位だった。

 米メディア(CNET News.com)によると,米GoogleがNewsとの間でMySpace.comでの独占広告提供契約を締結したことを受け,MicrosoftはFacebookに接近したという。同メディアは,GoogleとNewsの契約内容を,9億ドル/3年以上と報じている。

[発表資料へ]