PR
写真 Grouper.comのトップページ
写真 Grouper.comのトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー傘下の米Sony Pictures Entertainment(SPE)は,ビデオ共有サイト「Grouper.com」を運営する米Grouper Networksを買収した。SPEが米国時間8月23日に明らかにしたもの。買収総額は6500万ドル。

 Grouper.comは,ユーザーが自作ビデオを投稿できるコミュニティ・サイト。ビデオを同サイト上で公開できるほか,自身のブログ・サイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトの個人ページにビデオを容易に追加することが可能。ソニーの「プレイステーション・ポータブル(PSP)」や米Apple Computerの「iPod」などに動画をダウンロードして再生することもできる。

 SPEのCEO(最高経営責任者)であるMichael Lynton氏は,「消費者はより多くの時間をGrouper.comのようなWebサイトに費やすようになっている。我々は視聴者が集まる場所に存在したいと考えている」と述べる。「今回の買収は,ソニーのオンライン・エンターテインメント分野への広範な取り組みを示すものだ」(同氏)。

 しかしビデオ共有サイト市場ではGrouperの存在はまだ小さい。米Hitwiseの調査によると,「YouTube」は市場シェア43%を占めるが,Grouper.comは1%に満たない。またYouTubeのビジターは13分以上滞在するのに対し,Grouper.comはわずか5分強である(CNET News.com)。

 Grouper Networksは従来の経営陣のまま,引き続きカリフォルニア州のサウサリートで事業を進める。Grouper.comは当面,変更する予定はないが,「広告導入や有料配信といったビジネス・モデルを検討する可能性がある」(SPE)。

[発表資料へ]