PR

 米IDCは米国時間8月23日,2006年第2四半期における世界のサーバー市場に関する調査結果を発表した。それによると,工場出荷時の売上高は123億ドルで,前年同期比0.6%増加した。同社によると,「売上高が前年同期比で成長したのは,2005年の第3四半期以来」。

 米国(前年同期比3.6%増)と,日本を除くアジア太平洋地域(同2.6%増)の需要が市場をけん引したものの,EMEA(欧州,中東,アフリカ)および日本の不調が足かせとなった。

 出荷台数は前年同期比8.3%増。しかし,伸び率は8四半期連続で縮小している。同社はその理由を,「(低価格の)ボリューム・サーバー分野が減速し,仮想化サーバーが普及しているため」と分析する。

 ボリューム・サーバー(価格2万5000ドル未満)の売上高は前年同期比6.2%増加し,3四半期連続で1ケタ台の成長を遂げた。一方,ミッドレンジ・サーバー(同2万5000~49万9999ドル)は同3.5%減,ハイエンド・サーバー(同50万ドル以上)は同6.9%減と,低迷が続いている。

 OS別でみると,Linuxサーバーの出荷台数は前年同期比9.7%増。売上高は同6.1%増の15億ドルで,サーバー市場全体の12.0%を占めた。UNIXサーバーは出荷台数が前年同期比1.8%減。売上高は同1.6%減の43億ドルで,市場シェアは35.0%。Windowsサーバーは出荷台数が前年同期比11.0%増。売上高は同3.1%増の42億ドルで,市場シェアが34.2%。

 Itanium(EPIC)ベースのサーバー売上高は,前年同期比36.4%増の7億4000万ドル。非x86サーバー分野では売上高全体の11.7%を占めた。また,x86サーバー分野ではOpteronベースのサーバーが売上高全体の20.2%を占めた。

 メーカー別の売上高シェアでは,米IBMが31.0%を獲得し,首位を維持した。米Hewlett-Packard(HP)は市場シェアを27.8%に落としつつも2位を堅持。3位はシェア12.9%の米Sun Microsystemsだった。

 出荷台数ベースでは,HPが市場シェア30.5%で首位の座をキープ。米Dellがシェア23.8%で2位につけた。


■2006年第2四半期における世界サーバー市場のメーカー別工場出荷時売上高
(単位:100万ドル)

2006年Q2 2005年Q2 成長率
----------------------------------------------------------------------------
売上高 市場シェア 売上高 市場シェア

IBM $3,808 31.0% $3,893 31.9% -2.2%
Hewlett-Packard $3,420 27.8% $3,480 28.5% -1.7%
Sun Microsystems $1,585 12.9% $1,372 11.2% 15.5%
Dell $1,269 10.3% $1,286 10.5% -1.3%
富士通/Fujitsu Siemens $554 4.5% $551 4.5% 0.5%
その他 $1,651 13.4% $1,638 13.4% 0.8%
合計 $12,287 100.00% $12,219 100.0%   0.6%
----------------------------------------------------------------------------
出典:IDC,2006年8月

[発表資料へ]